生物学オリンピック1位の現役東大生が教える生物の勉強法と参考書

ライタープロフィール(この記事のライターはふりこではありません)
名前:神立幸治
大学:東京大学
実績:日本生物学オリンピック2016にて茨城県知事賞(総合成績1位)

生物学専門サイト


生物の勉強法と参考書について、基本的な勉強法、GMARCH レベル、難関国­公立レベルの3つに分けて話をすすめてゆこうと思います。

センター試験だけという人がいれば、基本的な勉強法の部分を参考にしてください。

 

基本的な生物勉強法

 

センター試験などの生物で高得点を取るため に必要な事は、

①分子生物学分野の知識を正しく、大雑把につかむ

②生態学、 進化学分野の正確で細かい知識を暗記する

 

①分子生物学の知識の取り込み方

ここでのキーワードは、「自分で図を描く事」にあります。

どの知識が基本的なものか、どの知識が応用的なものなのかを考えなが­ら身につけます。

具体例を示してみましょう。

呼吸について、教科書などの文章を覚えようとすることは時間を取ってしまうので、教科書の文章を自分で考えながらまとめましょう。

参考までに、こんな感じです(↓)
Image_ac96026

 

②生態学、 進化学分野の取り組み方

生態、進化の知識はうまくゴロを活用しましょう。

もうすでに作られたのを活用するか、自分でお気に入りのゴロを作りましょう。

例えば、私は、「カエルでぼーん!」のゴロで、「両生類の出現はデボン紀」ということを覚えたりしていました。

 

生物の勉強におすすめな参考書

 

1) 教科書

2) 生物合格77講【完全版】 ←ほんまのほんまに神テキスト

3) 資料集

4)電子辞書

の4点セットが生物攻略の鍵です。

生物合格77講【完全版】と教科書をペースメーカーにしながら、

「読み進める」+「わからない用語を調べる」+「まとめる」

を繰り返しましょう。

この学習法は、大学からでもずっと使える方法です。

まずは生物学の入門です。

これが終わってきちんと生物学を思考することができるなら、センターで思うような点数を取ることができます。

生物合格77講【完全版】 (東進ブックス 大学受験)
田部 眞哉
ナガセ
2017-03-30

 

 

サイエンスビュー生物総合資料三訂版
長野 敬
実教出版
2016-03-10


 

GMARCHレベル

 

GMARCHレベルの生物学習で大切なことは、問題演習です。

学校で配布される傍用問題集や基礎問題集で良いので知識の確認をしてください。

わからない生物用語を辞書を使って調べるだけでなく、生物の問題でよく問われるポイントを把握ししましょう。

たとえば、酸素解離曲線では、全酸素結合型の赤血球のうち(全赤血球ではない)、何割が酸素を組織において手放したかをよく問われますね。

そのような、よく問われる”ツボ”を押さえましょう。

また、知識がある程度定着したら基礎問題精講を夏までに終わらせるように!

 

生物(生物基礎・生物)基礎問題精講 三訂版
大森 徹
旺文社
2013-07-17

 

 

 

難関国公立レベル

 

このレベルでは大切なのは以下の3点です。

①込み入った知識に慣れる

②記述のテンプレートを暗記する

③考察問題に慣れる

 

①込み入った知識に慣れる

教科書のコラムや、入試問題でよく問われる話題がこれにあたります。

例えばDNAのメチル化、ヒストンアセチル化、免疫沈降法などです。

これらは、教科書を隅々まで見ることや、資料集をじっくり読むことで徐々に得らます。

 

②記述のテンプレートを暗記する

典型問題記述のテンプレを暗記することが大切です。

大森徹の生物 記述・論述問題の解法という、典型記述を集めた参考書を使って行きましょう。

記述には押さえなくてはいけない加点ポイントがあります。

ここを知っているだけで他の受験生に比べてアドバンテージをつけることができます。

 

③考察問題になれる

考察問題に慣れることについて、これはたくさんの問題をどんどん解いて行くことで自然と慣れてゆきます。

この時、注意すればより良いことがあります。

単純ですが、読み間違いをなくすことです。

きちんと、問題に出てくるトピックとトピックがどうつながっているか、前提としていい条件を見落としていないか、問題を読み飛ばしてないか(東大特有かもですが)。

に注意して問題を解いてください。

 

大森徹の生物 記述・論述問題の解法 (大学受験Doシリーズ)
大森 徹
旺文社
2016-09-27

 

 


このレベルの人で知識がある程度定着したら基礎問題精講を夏前までに終わらせるように!

生物(生物基礎・生物)基礎問題精講 三訂版
大森 徹
旺文社
2013-07-17

 

 

 

最後になりますが、結局、生物が得意になるのに一番大切なことは、生物や生命現象が好きなこと、生物学で思考するのが好きなこと
どうぞ生物を愉しんで!!

 

【参考】

スタディサプリをペースメーカーとして学習して参考書を見るだけでは身につけることができない内容を補完することもお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です