当サイトの問い合わせにこんな学習相談が来ました。「高1でセンター8割取りたいです。」よくよく聞いてみると、高1ではなくセンター試験の同日受験で8割とりたいと。8割って高3生の本番で「東大受験生の失敗」「GMARCH受験生の成功」レベルですよね。それを高1で、、、結構無理ないかぁ。ということで、残り50日をしっかりと効果的に得点を上げる勉強法をアドバイスしました。
 この記事を読む人は短期間でがんばってセンター英語の得点を上げたい人だと思います。この記事を読む前に センター英語 解き方×対策 を読んでから戻ってきてください。

 つまり、大切なことは「長文読解を失点しない」ということなのです。長文を失点せずに+αで何点か得点できれば8割得点できます。一般的なセンター英語失点する理由は、センター対策ができていないわけではなく、基本的な英語力がついていないんです。

 まずは「単語力」と「文法力」を付けましょう。注意しなければいけないのが「文法力」とは、文法問題(大問2)1を解くために必要な文法ではなく、長文を読むための文法です。先にも述べましたが長文を失点しないことが重要で発音アクセント(大問1)と文法(大問2)は捨てましょう。

〈単語力〉
 第一に、英単語ターゲット1900の1-1500を完璧にしましょう。単語が読めなければ話になりません。まずは猛ダッシュで1-800を完璧にし、センターまでに1500までを覚えましょう。覚え方に関しては英単語 勉強法×参考書に書いてあるのでそこを読んでください。

〈文法力〉
 スタディサプリのスタンダード英語文法編を完璧にしましょう。以前にも書きましたが、文法をするのにネクステやフォレストは捨ててください。スタディサプリの復習が最優先ですが、どうしても演習をしたければ英文法ポラリス1をしましょう。注意しなければならないのが、ポラリス1では大問2の文法は対策できません。大問2を対策したいならポラリス2ですが、今回は大問2を捨てる作戦なのでやらなくてOKです。

 上記の単語と文法をやればまぁまぁ点数は上がります。上の2つが大体できたら解釈をやりましょう。理想は「世界一わかりやすい 英文読解の特別講座」「基礎英文解釈の技術100」の両方をするのが理想ですが、時間がないなら前者だけ取り組みましょう。解釈のやり方は「英文解釈 勉強法×参考書 」を読んでください。あとは軽く長文に慣れましょう。スタディサプリのセンター英語対策講座の第5~10講をするか、ハイパートレーニングレベル1 超基礎編をして長文慣れをします。対策というよりは慣れるためなので長文の読み方などは特に気にせず前から丁寧に読んでいきましょう。センター試験の過去問を2年ほど解いておくとグッドです。

 時間が有り余るなら発音・アクセント 勉強法×参考書で大問1の対策をしましょう。これで10点上げれますが、大問3以降の長文で満点取れるようになってからにしましょう。